いろんないみで

はまっちゃた

vim-refでまんまんまんする

最近C言語を覚えたくて勉強中です。

manコマンドでC言語のリファレンスを見るのにvim-refがとっても便利。 リファレンスを見たい関数などでKをタイプすると。manのアウトプットが 別ウインドウで開きます。

tan()のリファレンスをみたいなぁと思ってtanの上でKをタイプした時にうまく 結果が見れなかったのでちょっと調べてみました。

tanのヘルプはman 3 tanで見られるようなので

:Ref man 3 tan

とコマンドを打てば見られました。

が、やっぱり調べたいワードの上でキーをタイプして開きたいです。。。 もうちょっと調べてみようと思い、vim-refのコードを読んで見ました。 するとautoload/ref.vims:open()関数内で以下の部分を見つけました。

let query = a:source=='man' ? v:count1 . ' ' . query : query

なるほど。。。解決!

気になるワードの上でman 3を見たい場合3Kとタイプすればいいようです。

vim-refはまんまんもまんまんまんもまんまんまんまんも見られるように出来てる。

すごい便利!!